Azure&Turquoise

アクセスカウンタ

zoom RSS ランニング八日目

<<   作成日時 : 2017/07/28 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 この日は昼間も涼しかった。なので夜も涼しかった。その涼しさもあってやる気があった。ひざも今のところ気にならない。走り始めたらどうなるかはわからないが。
 で、出発。うわ、気持ちいい。涼しい気温が身体をさましてくれる。これはなんだか今日はいけそうな気がする。
 いつものコースへ。またバス停におばさんが座り込んでる。今度はびっくりしなかった。いつもここで待ってるんだな。
 川沿いのコースへ。前回ランニングフォームを試してみたので再び意識的にフォームを変えてみた。”着地はかかとから。”をしばらく続けていると、なんだか足全体に負荷がかかってきた。ひざの調子は前回よりも良かったが、ちょっとこれでは疲れてしまい走り続けることができないような。なので、やはり自分の走りやすいフォームに戻す。肩の力を抜いて、あごをひき、腕は90度でひじを後ろにスライドさせるように…これは何とかできそうな気が。走るペースもわざとゆっくり走るのではなく、あえて意識せずに自分の走りやすい速度で走ることにする。するとどうだろう、なんて走りやすいんだ。ひざの負担も軽い。より走りに集中できるようになった。
 気温のせいもあり、汗が、にじんではくるがたれてこない。なんか爽快な気分だ。前回、前々回とはあきらかに違っていた。息苦しくもない。何の苦もないまま折り返し地点へ。
 やはり夏にランニングは辛いのだろうか。ランニングするのは秋冬春なのか。この涼しさの中ランニングするのはとても気持ちいい。汗をたらたら流しながら、もしくは汗もあまり出ないまま走るのはどちらがいいのだろうか、と思った。身体に負荷をかけるなら夏なのか。それともこの涼しいランニングも負荷は変わらないのだろうか。映画”ロッキー”を観た後ならより苦しい暑い夏の方がいいのか。
 コースのでこぼこは明らかに足に負担をかけている。川沿いはでこぼこなので足が辛かったが、折り返し地点からの道は比較的たいらなので走りやすい。後半は足のことは感じなくなった。それどころか”今日はなんて素晴らしいランニングなんだろう。”と思いながら走り続けた。
 終点に着いたとき、汗は3粒しかたれてこなかった。息も、いつもは終わった後はぁはぁしていたが、今回はすぐに通常の呼吸に戻った。まさにベスト中のベスト、ベストランニングだった。いや30分しか走ってないんですけどね。自分的にはということで。
 でもシャツは汗でぐっしょりだった。やっぱり汗かいたほうがランニングして身体鍛えたって気分にはなる。
 今後も今回のようなランニングができますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ランニング八日目 Azure&Turquoise/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる