「ゲル」ってなんかいい感じ

 この日はとても暑かった。で、夜になり窓のを開けて外の様子を見た。むわっとした外気が室内に入ってきた。ランニングしようかどうしようか迷っていたが、こんなに暑いと身体が疲れてしまう。足の調子もあるし残念だが今日はランニングはお休みしようと決めた。
 ランニングしないとまた脂肪分が身体についてしまうのではないかと心配になってしまう。そんな夕食時、テレビでロンドンマラソンをやっていた。みんなすごいなぁ。足痛くないのかな。観るとランニングタイツをはいている人なんていないぞ。きっと日ごろから気をつけて練習しているんだろう。あんな足があれば一日中走れるのに。”チャリングクロス駅”という場所が映し出されていた。おお、シャーロックホームズにそんな名前のところがでてきたぞ。
 普段スクーターで移動している僕だが、最近はひんぱんにサイクリングしている人を見かける。サイクリングといってもママチャリじゃなく、気合の入った人たちだ。細いタイヤの軽そうな自転車、例の独特な空気抵抗の少なそうなヘルメット。大きな幹線道路や駅の近くとかを集団で、もしくは一人で走っている。2,3台連なって走っている方が多いかな。ランニング始める前はサイクリングもいいなとか思っていた。でもあの自転車は高価そうだし、装備への出費が半端なさそうなのでそれはやめた。今現在足の痛みに悩んでいるのだが、サイクリングもやっぱり足への負担が大きそう。
 僕はやせたいといっても、食事制限はしないと決めていた。食べ物くらい好きなものを食べたい。好きなものを食べられない人生はいやだ。といっても、普段暴飲暴食しているわけではない。お菓子だってほとんど食べないし、最近は甘いものといったら水ようかんをたまに食べるだけ。あの水ようかんの魅力といったらはんぱない。昔はあんこなんて苦手で”こんな甘いだけのものを食べるなんて。”とか思っていたら、年齢とともにあんこの魅力がわかってきた。歳とともに味覚ってかわるんだなぁ。小さい頃はショートケーキも苦手であれを食べると気分が悪くなった。なので給食でだされても友達にあげていた。周りは不思議そうな顔をしていた。
 足に関しては普段湿布をはり続けている。病院で処方されたものの方が安いし、効き目もあると思う。しかし貼りたての朝なんかはじわっとした感覚でいかにも効いてるふうなかんじだが時間がたつとだんだん何も感じなくなり、ほんとに効いてるのかなと不安になってしまう。実際痛みはほぼなくなるので効いてるのは事実だが。仕事中は貼ったままだとはじっこがめくれたりしていやだったが、湿布を固定するテープを貼るとそれはなくなった。このテープも処方してくれればいいのに。足を痛めないようにひざサポーターも考えた。でもそこまですることあるのかな。足を痛めたときのストレッチ法もあるみたいだ。たしかにひざをぎゅっとまげるととても気持ちいい。まじめにそのストレッチ法も修得したいな。
 ネットで調べると、ランニングシューズは大事だがそれよりもインソールのほうが重要だと知った。正直インソールのことなんか考えたことなかった。ランニングシューズの衝撃吸収が大事でそれ以外にはないと勝手に思い込んでいた。ところがむしろインソールを先に選んで、次にそれにあったランニングシューズを選択するべきだと書いてあった。そんなに大切だったのか!今の今まで知りませんでした。インソールも自分の足にあったものを使わないと効果がなかなかあらわれないとか。奥が深いなぁ、っていうか自分って馬鹿だと思う。そういえばランニングすると公言していたときに知り合いの人がインソールが大事といっていたことをのちのちになって思い出した。うわ、知り合いの人の言ってたことは正しかったんだ。ということで買ってしまった。



 まだ試していないがなんか楽しみ。これで足によい影響はでるのか。でてくれなきゃ困る。ランニングタイツよりもこっちを先に買うべきだった。インソールもいろんな会社からでていてどれにしようか迷うくらい。それぞれいろんな技術が使われているようだけどなんかみんなよさげな雰囲気。僕はこういうスポーツグッズの「ゲル」とか「ジェル」という言葉に弱い。いかにもショックを吸収してくれそうな響きじゃないか。で、…いろんなインソールを試してみたいという欲望が。