ランニング十八日目

 今日は暑かった。昼間に30度を越え、どこにも外出する気にならなかった。僕は普段スクーターで移動しているので暑さや寒さは特に身体につらい。季節ごとに身体は慣れてはくるのだが、できるだけ暑い日は涼しいところにいたいし寒い日は暖かい所にいたい。今日は外出せずに家で昼寝でもしていようと思った。そういえば布団を干すのを忘れていた。今の時期いつ大雨が降るかわからないので家にいるときだけ干すようにしているのだがせっかくのチャンスを逃してしまった。
 そして夜になり、少しは涼しくなるのかなと期待していたが、それほど涼しくもなく、むしろ気温が高いかもしれない。空気もそんなにひんやりとせず、これはちょっとつらいランニングになるのかなと思った。支度をして外に出てみるとやはり暑い。久しぶりに暑い中でランニングするのかぁとじゃっかん気おくれするも、とりあえず走ってみないとつらいかどうかわからない。
 ストレッチを終え、出発。足はけっこう軽いか。スタートはいいかもしれない。しかし少し走り続けていると、徐々に足が重く感じてきた。いつも後半には調子が出てくるのでそれまでがんばらなければ。9月にはいってランニングの後押しをしてくれたひんやりした空気も、今日はそれほど助けにはならない。気温が高めなので息苦しさもある。8月に感じたような耐え難い苦しさと言うほどではないが。
 いつものごとく川沿いのコースへ。ここを走っていて時々思うのだが、川沿いの家々ってうらやましいかなと思う。だって見晴らしがよさそうだし。2階の窓から、何も視界をさえぎるものもなく、きれいな風景が見られるんだから。とか思いつつ走っていると、向こうから走ってくる人影が。久しぶりにランニングしている人を発見。自分と同じ時間に走っている人を見かけるとなんだか嬉しくなる。まぁ当然見知らぬ人なのでそのまま素通りだが。僕はいつも同じ時刻に同じコースを走っているのに、なかなかランニングしている人を見かけないということは、みんなコースや時間を変えて走っているのかもしれない。ランニングについてのアドバイスなんかをもらえればいいのになぁ。きっと僕の見過ごしている、または僕の知らない有益な情報をいただけるに違いない。このコースがいいよ、とか走り方とか。我流で走るからひざを痛めたりするのだ。
 走っているうちに足も慣れてきた。川の向こうには市立体育館があり今日もあかりがともっている。だんだんと汗がにじんできた。今夜は暑い。
 折り返し地点に到着。ここから用水路沿いの道は下り坂になっているのでとても楽だ。
 用水路の道をひたすら走り続ける。汗のかく量が多くなってきた。髪の下のほうは汗ですっかり濡れている。こんなに汗をかくのは久しぶりだ。だが疲労感はない。足が気にならないおかげでランニングに集中できる。しかしまだ目標の半月にはなっていないのでひざには注意しないといけない。腕時計で時間を見る。まだ30分にはなっていなかった。なのでいつもはショートカットしていたコースをもう少し走ることにした。ペースが速かったのか。それともいつもより出発するのが早かったんだっけ?体力的にはまだ余裕があり、走れそうだ。
 終点に到着。前回よりはぁはぁいっている。汗もたれてきた。走っているときはそれほど感じなかったがほんの少し体力を消耗したかもしれない。でもこのくらいはがんばらないとダイエットできないような気もする。

 まぁ本来の目的はランニングをすることではなくてダイエットが目的なので、もうちょっとがんばった方がいいかな~とは思う。でも、もうちょっとがんばると今度は足が痛くなるしそれはそれは難しいところ。