ランニング三十三日目

 長~い雨がようやく終わった。とても長く感じた。”いつになったらやむんだろう?”とそればっかり考えていた。しかも寒かった。部屋にいるときはまだいい。外出する気にもならなかった。しかし今日やんでも再び二日後に雨マーク。しかもそこからしばらく雨と曇りマークが。もういやになってしまう。でも以前にコンビニでなんとなく購入した”日本神話”のムック本を読んだらけっこう夢中になった。やっぱり文章だけじゃなくて、写真とか絵とかがあると楽しく読めるもんだね。雨の日の休日に最適だった。
 土曜、日曜、月曜と雨だったのでその間ランニングもできなかった。でもちょうど良い休養になったかも。実は身体の節々、筋肉がちょっと痛かった。横にごろんと寝ころがったり、トイレでかがむときに背中の横あたりがつったような痛み。腰の両サイドが少し痛い。ひざにもちょっとダメージがきているようだ。でも生活や仕事には影響しない程度で、家にいるときに時々痛むのだ。三日間休んでよくなったかなといえば、たいして変わらなかった。
 ランニングをすると、体重の関係で、いろいろな場所に負荷がかかり、ダメージを与えてしまうようだ。特にランニング初心者である僕なんか特にそういうダメージを受けやすい。まだ身体がそのダメージを吸収できるような体質ではないのだ。半年くらい続ければランニングに適した体質になるのかな?初心者っていつまで初心者なんだろう?
 この三日間寒かったので布団の下にひく電気カーペットを出した。もうこれがあれば布団の中はあったかい。他に便利な暖房器具はないのかとネットで調べてみた。最近は暖房パネルというものがあるらしい。板みたいなので広げて使うとあったかいらしい。でもやっぱり気になるのは電気代だ。電気代の安い暖房器具ってなんだろう?やっぱり石油ファンヒーターなのか。やっぱり石油に頼らざるを得ないのか。これも世界の石油を牛耳っているという”なんとかかんとか家”の陰謀なのか?昔は寒くなったらこたつ出したもんだけどなぁ…。こたつで寝てしまったときの気持ちよさといったらはんぱなかった。
 そして雨もやみ、夜を迎えた。ランニングの時間だ。なんかめんどくさい。でも走らなきゃいけない。今日走らないとまた雨の日が続くかもしれないんだぞ。ランニングの準備をする。今日はちょっと早めに外に出た。あぁ涼しいなぁと思った。寒い。やっぱり寒い。でもランニングにはちょうど良い気温なんじゃなかろうか。風もふいてなさそうだ。ストレッチをする。深い伸脚も手をつかずバランスよくできるようになった。最近はストレッチをより重要視するようになったかな。ふくらはぎもよくもんで、アキレス腱もしっかり伸ばす。ひざを高く上げて足を折り曲げる。
 ランニングスタート。うわ寒い。でも涼しくもある。風邪をひくほどでもないし。冬になったらどんな格好でランニングすればいいんだろう。しばらく走って、今日は脚が軽いなぁと思った。ふくらはぎに負荷がない。しかし代わりにちょっとひざにきているか。走れないほどじゃないんだけど。いつもの、アスファルトがもこっと突き出ているところで脚をひっかけた。途中、車が一台停まっていた。何事もなくスルーする。
 川沿いのコースへやってきた。だんだん体温と気温のバランスがとれるようになってきた。今日は気持ちいい。空には雲が多め。その隙間から星が見える。僕は昔から、飛行機の音を聞くと空を見上げるくせがある。学校のポートボールの試合で、たしか変な台に乗っかってるキーパーみたいなのをやってるときに、飛行機を見ていたら怒られたことがある。ポートボールの試合よりやっぱり飛行機でしょ。今日も川の向こうの運動施設に灯りがともっている。雨の日でも運動できるっていいなぁとあらためて思う。
 折り返し地点に到着。ここから用水路沿いのコースへ。今日はランニングびよりだ。最初は寒かった気温も、ここまでくると全然普通に感じられる。むしろもっと寒くてもいい感じかも。
 用水路沿いのコースは時々後ろから来る車に気をつけないといけない。一方通行の狭い道なんだけどけっこうとばして来る。でも今日は車が来ないので夜空でも見ながらランニングする。今日は集中して走っているっぽい。ランニングも後半なかばになりようやく汗がにじんできた。家に帰ったらどうやって涼めばいいんだろう。クーラーなんかつけたってしょうがないし。本来は寒い夜なんだから、外にしばらくいれば汗もひくのかな。
 大通りをわたり、走る。この大通りは今の時間、車があまり走ってこないのでいつもすんなり渡れる。でも左右の安全確認はしないといけない。後半も後半で汗がたれてきた。やっぱり汗って出てくるもんなんだね。冬でもこのくらい汗が出てくるのかな?体調はけっこういい感じ。息苦しくもないし、疲労感もない。ただひざが気になる。今日のランニング全体を通してひざに負荷が感じられた。どうかぶっ壊れませんように。と、暗闇の木々の中からガサっという音が。びっくりして瞬間的に危険回避行動に。ぴょ~んと遠ざかる。われながらすごい瞬発力だ。やっぱり”加速装置”って男のロマンだと思う。
 最後の直線コース。あれここにきて、こんな時間に人が。自転車の人二人、二人連れで歩いている人、用水路沿いを走ってきた僕を、停まって眺めている人。そんなに珍しい?それともなんか変?車のそばでしゃべっている人二人。久しぶりに雨があがったので、みんな外に出てきたのかな?
 終点に到着。汗がだらだら。うん今日は気持ちいいランニングだった。少し休んだせいもあったかな。帰りのウォーキングで身体が徐々に冷やされていくのを感じる。このまま外にいて涼んでもいいんだけど、ストレッチをして家に入る。部屋に入っても、思っていたより暑さは感じない。汗をタオルでぬぐう。タワーファンでもつけるか。これで十分涼しい。
 次のランニングの日はどうも雨っぽい。また休めるのか。でもこんなに休んでたら身体鍛えられない。外ランニングは、無料だけど天候に左右されるのが難しいところでもある。