夜中ランニング1日目

 ランニングをいつかしなきゃと思いつつも結局前回から一年ちょっと経過してしまった。理由はある。(肉体的にも精神的にも)虚弱体質であるので、以前のランニングの時のように閃輝暗転が発症するんじゃないかとかひざが痛んでランニングをやめちゃったりしちゃうんじゃないかとか…。もちろんめんどくさかったというのもある。
 でも今年は例年に比べると閃輝暗転の回数は驚くほど少ない。もう発症しないんじゃないかという感じ。僕は胸の痛みで目の前が真っ白になったことも時々あったが、それも今年は1,2回で済んでるし、痛みもそれほどではない。なんか知らないけどもしかして徐々に良くなってる?ちなみに(とうとつだけど)あの東京オリンピックのマーク、あれは閃輝暗転の症状のときに視界に現れるものとそっくりなので、なかなか見るのがつらい。あれを見るたび、再び閃輝暗転に見舞われるのじゃないかと思いびくびくしてしまう。
 
 不思議と、今日はランニングをしたいなぁと思っていた。理由は不明だけど。昼間も涼しかったし、ランニングにはちょうど良い季節になったからかな?もう夜も寒いくらいの気温だ。ためしに走ってみてもいいだろう。
 Tシャツとランニング用ハーフパンツを1年ちょいぶりくらいに久々に出してみる。こういうランニングギアをみてるとテンションがあがってくる。よし、今日はランニングするぞ!
 スニーカーに足をとおしてみる。おお、なんか今日はいけそうな感じ。忘れていたぜ、このフィーリングをよ!
 夜8時45分、外に出てみる。ランニングにはちょうど良い気温。歩くには寒いかもしれないけど、走ると暑くなるのかな?まずは準備体操。1年ぶりなのでちゃんとやっとかないと。いろいろと足を伸ばしてみる。今のところ不調はないが、やはりひざが心配だ。足首をくるくる回すときにどうしても手首もぐるぐる回してしまう。手首は関係ないのにね。癖でやっちゃうんだよね。
 で、出発。なかなか気持ちいい。走り始め、ひんやりした空気が心地良い。走り方も以前と変わっていないようだ。体が覚えているのだろうか。
 信号を渡り、左折。そして小学校の前を走る。そういえば思い出した。この小学校で幽霊を見たという話を…。ベランダをすーっと走り、そのままベランダを通り抜け、校舎の奥に消えていったという。なんでこんなこと思い出すんだ。夜の小学校なんてただでさえ怖いのに。職員室にはまだ灯りがともっているな…。とか考えていると、反対側の建物から突然人が現れた。びっくりした。むこうの人はびっくりしてなさそう。
 ランニングコースは以前と変わらず。川ぷちの道を走る。ちょっと疲れてきたかな。なんか下腹が痛いなぁ。なんだろう?中断するほどじゃないんだけど。
 夜の風景を観ながら…という余裕は無い。疲労がきているので走りに集中する。でもやっぱり涼しいね。夏のランニングとはえらい違い。ゆっくりめなペースで走り続ける。
 Uターンポイントに到着。ここを右折して、しばらくすると用水路沿いの道に出る。その道を自宅方向に走るのだ。
 用水路沿いの道はあんまり涼しくない。徐々に汗が出はじめる。汗をかいていると頑張ってるような雰囲気になる。そういや下腹の痛みがなくなってきたぞ。体が慣れてきたせいかな。
 職場の人と、夜のランニングは怖い、とか話したのを思い出した。まぁいろいろとね。ひとけが少ないという怖さもあるし、幽霊が出ないかなというのもあるし。UFOなら大歓迎だ…と思う。
 久しぶりのランニングということであまり距離感は感じられなかった。時計を見るともう30分以上走ったのかと驚く。今日は無理せず、少しショートカットして終点に到着。
 このやりとげた感はとても気分が良い。しばらく走ってなかったからなぁ。汗をたらたら流しつつ家までウォーキング。汗のせいでシャツがひんやりする。家の前で屈伸やらひざを回したりアキレス腱のばしして家に入る。
 パソコン机の前に座り、しばらく放心状態。窓を開け、扇風機を回し、スポーツドリンクを飲む。荒かった息も落ち着いてきたころ、”このままじゃ風邪ひくかも!”と思った。これでまた体調不良とかになったら走れなくなるよ。

 翌朝起きると、もものあたりが筋肉痛になっていた。以前処方されていたロキソニンテープを貼る。でもしばらくしてひざにも痛みが。うわ、たいしたことなければいいんだけど。