Azure&Turquoise

アクセスカウンタ

zoom RSS 足が痛くない

<<   作成日時 : 2018/11/11 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 足の痛みが急にやわらいだ。ひざが痛んで約1週間、こんなに早く痛みがひいてくとは…。
 去年のランニングでもひざが痛み、休養せざるを得なかったが、治るのに1ヶ月近くを要した。けっこう長くかかったかな。その間、日常生活でつらい日々を送った。今回もそう。日中はロキソニンテープを貼り、その上からサポーターでひざを固定。なんだかたんすの奥にあった、古びたサポーターだったが固定するには問題ない。ただちょっと小さかった。本当は新しいサポーターでも買いたかった。もっと機能性があって、ランナーズニーに対応しているような。そう、今回初めて知ったランナーズニー(ランナーズひざ)という言葉。調べてみるとやっぱりみんな同じような症状に悩まされているんだね。僕の場合、右ひざの下内側とじゃっかん下外側に痛みがあった。特に下内側は階段を昇り降りするとき、仕事中立っている時、足を少しひねっただけでも痛んだ。
 どうも、僕の準備運動にも原因があったようだ。あれだけじゃ足りないようだ。準備運動の仕方も各所で丁寧に解説してある。今度からはこれらの解説を参考にしてやらないとダメだ。ランニングにはランニングに適した準備運動の仕方があるんだね。
 お風呂に入ったあと、前回書いたように氷のうを専用サポーターで固定して時を過ごす。ひんやりして気持ちいい。2時間くらいたったら、中の水を捨てて、新しくこおりみずを入れてふたたび固定。このような地道な作業が短期で痛みがひくという結果につながったのか。
 足ははやく治って欲しかった。”いつになったら治るんだろう?”という不安の中で日々をすごすのはなかなかつらいものだ。去年と同じくらい、1ヶ月くらいはかかるだろうと予測していた。それがたった1週間で痛みがひいた。これはよいことだが、じゃあ明日からランニング再開…なんてわけにもいかない。あともう1,2週間は様子を見ないと。去年ひざを痛めたときは、ひざが回復したあとは、ひざがもう1度壊れるなんてことはなかった。たしかとても順調だったような…。今回もこの故障ののちは、ひざが壊れないことを祈るばかりだ。

 全然ランニングと関係ないけど、今年は吹き出物に悩まされた年でもあった。3,4月位から徐々に現れはじめ、最近になるまで吹き出物ができ続けた。1個治ったと思ったら、まるで見計らったようにもう1個でき始める。顔中痛いし、人に会うのもいやだった。何が原因なんだろうと思い悩み、ずっと考えていて、ある日気づいたことがあった。3月、4月頃に何か変わったことをし始めなかったか?ちょうど吹き出物ができ始めた頃に何か新しいことをし始めなかったか?…で、思い出した。
 僕は朝食に食パン1枚食べるのだが、その時に”マーガリン”をつけて食べるようになったんだった。あとうがい薬で口をゆすぐようになった。この2つどちらかが原因だと思い、僕はマーガリンとうがい薬両方やめてみた。するとどうだろう。徐々に吹き出物の数が減り、とうとう吹き出物がほぼできなくなったのだ。きっと原因はマーガリンだと思う。僕はなにかしらアレルギーみたいなモノがあるみたいだ。でもアレルギー検査って高いんだよね。ほんとは検査してみたいんだけど。あともともと僕は皮膚が弱くて、例えば髪を染めるパッチテストでも、腕にできものができるくらい弱い。なので髪を染めるときは普通のヘアカラーじゃなくて、ヘアマニキュアで染めてもらっている。ヘアマニキュアだと刺激が少ないらしい。あと髪もぼろぼろにならないらしいからヘアマニキュアっていいかも。
 僕の吹き出物は中学から始まって、よくなるまでかなりの時間かかった。これがある薬を服用し始めた時点でありえないくらい回復して、本来の自分の姿に戻ることができたのだ。何の薬か?皮膚科でも内科でもない薬です。本当に意外な薬でした。原因はおそらくストレス。しかも人に会うことのストレス。機会があったらいつか書いてみようかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
足が痛くない Azure&Turquoise/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる