ゲームミュージックが好き3

 再びナムコに戻る。”ザ・リターンオブビデオゲームミュージック”というレコードをダビングしてもらった。このレコードがとても音質がよくて、ドラゴンバスターとドルアーガの塔、メトロクロスとギャプラスがアレンジなしで収録されているというところが素晴らしい。A面がほんとのビデオゲームミュージックで、B面が…あれはアレンジなのかどうかわからない曲が入っている。B面最初のグロブダーをフィーチャーしたような曲と、最後のメトロクロスのアレンジが良かった。あの最後の最後で世界が崩れていくような曲展開。あれは、どこかで見たメトロクロスの漫画とシンクロしているようだ。漫画もたしか、世界が崩れていって、夢から目が覚める展開だったような気がする。
 ”ガントレット”っていう、上から見下ろすタイプの4人同時プレイができるアクションRPGゲームがあった。で、そのゲーム中、音楽が流れないのだ。ゲームといえばゲームミュージックが流れるという固定概念を破壊したゲームだ。でもそれが逆に良かった。とてもストイックな、緊張感あるゲームだった。ゲームミュージックが好きとは書いたけど、ゲームミュージックが流れないという演出もありだなと思った。確か、ナムコ名義で出された洋ゲーだったからだと思う。洋ゲーというのは、今現在でもそうだが、ゲームプレイ中、曲がない。小鳥のさえずりとか、環境音で雰囲気を出すゲームが多い。こういう演出が逆にいいと思う。
 で、僕がダライアスのレコードを買った次に購入したのが、ドラゴンスピリットのゲームミュージック。ドラゴンスピリットの1面の曲がとにかく良かった。レコードを買わざるを得ない。でもなぜか2面の曲は、雨の日の公園の濡れたアジサイを思わせる曲だった。自分でもよくわからないが、あの曲を聴くたびに、そんな風景が頭の中に現れるのだった。いやほんとによくわからない。ワンダーモモの歌が入ってた。当時は恥ずかしくて聴く気になれなかったが、今聴いてみると曲もいいし、面白い構成だなぁと感心する。うちの高校の柔道部が休憩中にそろって合唱していたのはいい思い出(ワンダーモモかよ!って思った)。
 最後はスターブレードのサウンドトラックのCD。僕が購入した最後のゲームミュージック。スターブレードというゲームは、ナムコが放った最後の輝きだと個人的には思っている(ソルバルウも面白かったけどね)。最初の、英語でのブリーフィング時に流れる緊張感のある曲。
 ”プリペアーフォ-オペレーションスターブレード。コーリングスターファイタージオソード。コーリングジオソード。カムインジオソード。ジエナミーアタスクフォースメカナイズドプラネットレッドアイ。ジャストリーチドフェデレーションプラネット。エンドアプローチングアワーマザープラネット。アワーストラテジーイズニュートライズドレッドアイ。エンドデフィートメネストゥアワーマザープラネット。エイムアットザパワーソースジェネレーターオブレッドアイ。オールエナジーコンバージョンオンザパワーストーン。ウィッチイズインサイドオブオクトパス。グッドラックジオソード。オーバー。”(意訳:パワーストーンを壊しとけ。)
 全部暗記しました。ちょっと間違っているかも。けっこう間違ってるかも。フォートランレーザーユニット?聞き間違いでなければ、ジオソードはフォートランで動いているのか?
 ゲーム中は曲が流れない。機械音と爆発音がえんえんと続く。そして要塞アイスバーグを破壊したあとに流れる、ライバル機との一騎打ちのときの曲。
 ライバル機を破壊したあとに流れるエンディング曲。僚機が次々に現れ、宇宙的浮遊感を感じさせる演出。素晴らしい。でもこれでゲームも終わりだし、僕の知っているナムコももう終わりなんだなと感じさせる曲。
 
 こうしてスターブレードで幕を閉じたゲームミュージック歴。今はもう新しいゲームミュージックを聴くこともなく、古い曲ばかり聴いている。ただ単に懐古趣味なのだが、この曲を聴いていたときは何してたんだっけ?とか思い出すのが楽しくもある。思い出のつまった数々の曲はいつ聴いてもいいものだ。