大掃除の話

 僕は毎年かかさず部屋の大掃除をする。”日ごろ掃除してれば大掃除なんてしなくていいじゃん”と思われるかもしれないが、まさにその通りである。僕は日ごろめったに掃除をしないので、大掃除はしなければならない(でも布団はちゃんと干してるよ)。
 毎年のイベントと化しているので作業手順はだいたい心得ている。だがそれでもおよそ午前9時にはじめて、終わるのが午後4時ごろ。一日がかりだ。しかも大掃除にともない不要なものが出てくるので、その仕分け作業もある。たしか去年の大掃除では押入れの不要なものを一挙に捨てたのだった。だがまだまだ捨てられそうなものがありそうだ。最大のネックは”うる星やつら”と”釣りキチ三平”の単行本をどうするかだ。これがどうしても捨てられない。”また読むんじゃないか?”とか”思い出としてとっておこう”とか思ってしまうのだ。で結局押し入れに眠ったまま微動だにしない。本当は押入れの中を全部捨ててからっぽにしたい気分なのだが…。
 まぁ今年は押入れはほっとこう。去年だいぶ捨てたしね。
 掃除をするには掃除用具が必要となる。僕が毎年使っているものといえば…、
S547 水の激落ちくん 徳用 500ml
レック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

 この洗浄液はほとんど水でできているらしい。でもちゃんと除菌もできるのだ。実際汚れがよく取れる。ほんとに素晴らしいやつだ。これを使えば洗剤とかいらないよね。

 これは日常生活でも役に立つし、大掃除にも便利。ぞうきんでふけない細かい汚れはこれでだいたい落ちる。除菌もできて素晴らしい。ぞうきんと違って洗いにいく手間もないし、汚れたら捨てればいいのだ。
日立 掃除機 ハンディクリーナー こまめちゃん PV-H23 A
日立(HITACHI)
2008-12-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

 この掃除機はハンディタイプで有線式。サイクロンではなく紙パック式。何がいいかって、本体が小さいので置き場所に困らない。有線式なのでパワーがある。紙パック式なのでサイクロンみたく中を掃除して…とかいう手間もない。ゴミがいっぱいになったら紙パックを捨てるだけでいいのだ。それらが僕が購入を決めた3つの理由だ。実際買って良かったと思う。いつもは部屋の片隅に置いておいて、ちょっと掃除したいときにお手軽に使用できる。
 あとぞうきん。これがないと始まらない。ホームセンターで安く売っている10枚セットのやつとか。大掃除では基本的にぞうきん1枚で十分なので、一つ買っておいて置けば、翌年、翌々年も使える。
 ということで、この4つのアイテムを使い大掃除開始。
 まず小物置きから。日常的にすぐに使うようなものはこの小物置きに置いておくのだが、いらないものが多すぎ。仕分け作業。いらないものはどんどん捨てていく。もったいないとか、情をかけることなかれ。追っ手から逃れようとする抜忍のように、非情になるのだ。
 次はラック。スピーカーやらアンプやらが置いてあるぞ。とりあえず全部ラックからおろし、ラックの掃除。終わったら、ラックに再び置くべきものの掃除。前述した”水の激落ちくん”のおかげできれいに拭きあがってゆく。拭き残しがないとはいえないが、とりあえずきれいになれば良しとしよう。
 こういう電子機器やらパソコンなどはとにかくコードが多い。それを一つひとつはずさなければならない。これがちょっと大変。掃除が終わったあと、”あれっ、このコードは何の機器のコードだっけ?”というのがよくある。本当はコードそれぞれにテプラとかで名前を付けておきたいところだ。テプラは前から欲しかったんだけど結局買わずじまい。一度取ったコードを再び取り付け、祈るような気持ちで電源を入れる。うまくいったら安心。
 パソコンデスクの掃除。この下には防音シート、チェアマット、ずれ防止用マット、一番上にカーペットを敷いてある。確か去年の大掃除では、このカーペットの下に細かい粉が散乱していて掃除するのにとても苦労したのだった。そこで去年は粉の出にくそうなカーペットを買い換えたのだ。この粉というのはカーペットの裏の糊の”かす”らしいのだ。今年はどうだろう。めくってみると粉が出ていない!カーペットの買い替えは正解だったのだ。カーペット裏の粉がいやだという人は、裏に糊のついていないカーペットを選択するといいと思う。
 今度は本棚。この本棚は正直もういらない。ブックシェルフスピーカーの片方をこの本棚に納めているのだが、そのためにこんな大きい本棚は必要ない。いまどき分解できないような本棚なんていらない気がする。捨てるときのことを考えたらやはりルミナスみたいに分解できた方が部屋から出しやすいし。まぁでもとりあえず、本棚にのっかっている小物類とスピーカーをおろし、ぞうきんがけ。もういらないだろうと思うものも捨ててしまう。去年の大掃除から微動だにしないものは、もういらないものだということと判断していい。大掃除のたびにきれいに拭いて、1ミリも動いていないものは当然いらないものだよね。
 その他楽器類などをぞうきんがけ。もう10年位前に無理して買ったベースやら、曲作りに使うmidiキーボードとか。もうこの辺は袋でもかけておけば掃除する手間も省けるな。ぜひそうしよう。
 あと一つ。洋服ダンスの裏の掃除。この洋服ダンスもいらない。使ってないし。中にはもう絶対着ることのないセーターやら若かりしころの背広なんかが入っている。そういえば今はセーター着てる人ってあんまり見かけないよね。洋服ダンスの裏はホコリがたまっている。これを掃除機で吸い取るととてもきれいになって気持ちいい。いちおう部屋の四隅はきれいになったぞ。
 あとは床に落ちたホコリを掃除機できれいにして、干していた布団を中に入れれば、これで完了。やはり午後4時くらいまでかかってしまった。おかげで今日は一日外に出られなかった(ベランダには出たか)。
 年末のイベント、大掃除は終わった。本当はまだまだ掃除しなきゃいけないところもあるのだが…気力があったらやろうかな。