故障したディスプレイのリサイクル

 つい最近新しいPC用ディスプレイを購入した。なので故障した古いディスプレイを何とかしなきゃいけない。
 処分方法はなんとなく知っていた。”PCリサイクルマーク”がついているのでメーカーが引き取ってくれるんだろうと。しかし面倒くさい。でもやらなきゃいけない。このまま部屋に置いておくわけにもいかないし。こういうことは早ければ早いほうがいい。
 まずディスプレイを梱包しなきゃいけない。いったいどう梱包すればいいんだ?IOデータのサイトに詳しく書いてあった。
 ”段ボールもしくは破れにくいビニール袋で…。”
 不要になったディスプレイのサイズは24インチだ。しかも10年以上前のものなので結構重い。これをしっかり梱包しなきゃいけない。こんな大きいものをまるまる入れる段ボールなんかそうそう入手できないだろう。なのでディスプレイと台座(これがけっこうじゃまくさい)を包み込むようにして段ボールをぐるっと巻き付ける。そして粘着テープで固定する。でもなかなか…ゆるゆるな感じ。しっかり固定できない。しょうがないのでそのゆるゆるな段ボールの上からビニールテープを巻き付ける。縦横それぞれ2か所。これもなかなか難しいがまぁなんとか固定できた感じ。その上から40リットルの透明な、破けにくいと書かれているビニール袋を2重にしてかぶせ、再び粘着テープで袋を閉じる。
 うわぁ不細工だ。なんとも不細工な梱包だ。袋が透明なので中の様子がまるわかり。梱包のセンスが感じられない。クールさがないしスマートじゃない。いうなればバンカラ番長的な梱包だ。
 「俺をここまで梱包できたのはお前がはじめてだぜ…。」
 はたしてこれを運んでくれるのだろうか。拒絶されたらどうしよう。
 「もう一度梱包しなおしてから持ってきてください。」
 とか言われても、これ以上どうしょうもないよ。
 はじめは梱包材ショップで、ちょうどよい梱包材を買って包むつもりだったのだ。例えばプチプチとか、薄いスポンジ風のシートとかで梱包するつもりだった。でも梱包するのにそんなにお金をかけるのはどうなんだろうと考えを変えた。結果この適当な梱包だ。
 とりあえずは梱包作業は終わった。あとどうするか。IOデータのサイトでディスプレイのシリアル番号を入力する。するとこのディスプレイの型番が自動的に出てくるので次に進む。そこで自分の名前や住所を入力する。完了ボタンを押して、確認ページで間違いがないかチェックして終了。そうすることでIOデータのリサイクル用ゆうパックの伝票が送られてくるのだ。それを貼って、郵便局にディスプレイを持っていけばそれで完了…のはず。伝票は1週間後に着くとのことだったが3,4日で届いた。”着払い”の文字がある。よかった、PCリサイクルだから送料もかからないんだね。
 伝票は届いたが、そのままディスプレイに貼り付けるのはなんとなく抵抗があった。郵便局で受け取りを拒絶されたらと思うと貼るのはまだ早い。郵便屋さんにこの梱包ディスプレイを見届けてもらってからでも遅くはあるまい。
 スクーターにディスプレイを載せる。足置きのところにどうにか収まった。近くの郵便局まで4,5分で行けるだろう。
 郵便局に着いた。だが不安だ。受け付けてくれるだろうか。とりあえず伝票だけ持って中に入る。職員さんにPCリサイクルだとつげる。
 「では荷物を持ってきてください。」
 と言われたので、不安ながらディスプレイを中に運び入れる。
 「えっ、マジかよ。そんなでかくて重いもの持ってくんじゃねーよ。」
 といった反応もなく、事はスムーズに進んだ。職員さんがメジャーで縦横奥行きをはかり、伝票にハンコを押してそれを僕に手渡す。
 「それではお預かりしますので。」
 あまりにもあっけなく終わったので拍子抜け…というかよかった。PCリサイクルってこんな簡単にできるんだ。なにかしら料金が派生するんじゃないかと思っていたが、完全に無料だった。梱包だってあんな適当な感じでもよかったんだね。
 みんなもPCリサイクルを利用してみよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント