木枯らしが吹いたっぽい

 東京で木枯らしが吹いたとのニュースが。だんだん夜が寒くなってくるのか。それはそうだ。もう冬に近づいているのだ。あれっ、秋は?10月は雨ばっかりだったので秋らしい季節がどっかに飛んでいってしまったのか。
 夜ランニングしている身の僕にとっては厳しい季節になりそうだ。ランニングすると再び頭痛になってしまうのではないかという恐れもあり無理して走らないほうがいいんじゃないかと思ってしまう(なので今日はランニング休んでしまった)。また頭痛で仕事休みますなんてことにはなりたくないし。そこで夜ランニングの服装についてちょっと調べてみた。ウィンドブレーカー、これを一枚手に入れたい。たしかにランニングなかばになると、寒さなんか関係なくなる。体温が上がるのでちょうど良くなるのだ。しかしランニング前半はやはり寒いので何か上に着なければならないと思う。特に体が鍛えられていない僕なんかにとっては重要なアイテムだ。下はどうする?以前購入したランニングタイツを復活させるか。ジャージも持ってはいるが、暑くなったからって途中で脱ぐわけにはいかないし。
 しかし汗をかくと服が身体に密着し、寒い風でよけい身体が冷えるんじゃないかとも思える。そうなるとむしろTシャツでランニングした方がいいのか。寒い季節になりこれは難しい問題になりそうだ。あんなに大変な思いをした夏のランニングがまるで良い思い出のようになりそうだ。たしかに冷たい風は気持ちいいんだけれど、風邪はひきたくない。身をもって経験してランニングの装備を考えなきゃいけないのか。とりあえずウィンドブレーカーは装備した方がいいような気がする。みんな寒い日はどんなかっこうして走っているんだろう。
 いっその事、夜ランニングじゃなくて休日ランニングに切り替えた方がいいのか。昼間の方が夜に比べてやや寒さはやわらぐと思う。以前行ってみた野外運動施設でお昼に走るか。ん?室内運動施設の方がいいのか?良いに決まってる。いつも川沿いの向こう側に見える運動施設。あそこなら市営なので安いし、夜風にさらされる心配もない。以前作った会員カードはどっかいっちゃったけど、ほんとうに室内トレーニングも考えた方がいい。なんかだんだんやる気になってきた。あそこならランニングに限らず、自転車っぽいマシーンもあるし、あれで十分運動できるじゃん。あそこに行くまでコートはおって厚着して、施設に着いたらTシャツ、ハーフパンツに着替えればいいじゃん。決めた。今度久しぶりに様子見に行ってこよう。でもそうしたら室内用シューズを買う必要がある。結局のところ、ウィンドブレーカーかシューズか、何か購入しないといけないんだけれども。
 ランニングを始めたころ、いろいろと装備を整えていったわけなんだけど、ブランドとかはあえて気にしないようにしたと記憶している。ブランドよりも機能性と値段で選んだ感じ。しいて言うなら僕は昔からミズノが好きだった(学生時代は筆箱もミズノだったし、テニスラケットもミズノ、テニスシューズもミズノ)。しかし歳をへて、あまり気にならなくなった。ただ、ア〇ダーアーマーに関してはなんとなく避けていた。かっこいいなとは思っていたけれど、アンダー〇ーマーってとにかく鍛え抜かれた人じゃないと着ちゃいけないような…なんか自分が着るのは不自然でなんとなく”まだ早いな。”とか思ってた。この気持ちわかる人いるかな。昔中学生だったころ、CDレンタル屋で”ガンズ・アンド・ローゼス”を見かけて手に取るも、”自分にはまた早いかな。”と思ったのと同じ感覚。今現在のランニングシューズはスポーツショップで店員に選んでもらった。”初心者向けで、なるべく足腰にダメージが少ないものを…。”と言ったら持ってきた。でもほんとは”ミズノのシューズかっこいいかも。”とか思っていた。店員に相談しても結局のところ、そのお店で売りたいものを持ってくるに決まってるんだから、自分で選ぶべきだったかなとか思ったりする。まぁ今のシューズに不満はないんだけど、実際はいて、ある程度ランニングしてみないとほんとうにそれが自分にあっているものなのかはわからない。それとやっぱり、自分の好きなものを買った方が後々テンションあがるし、それが持続力にも繋がると思う。そう考えると、ブランド、デザインも考慮に入れた方が良かったのかもしれない。でもアンダーアー〇ーはもう2,3年たってから。