ゲームミュージックが好き2

 コナミのゲームミュージックは、”あっ、コナミの音だ”とすぐにわかる。独特な音づかいだ。透き通った音のハーモニーがとてもきれいだ。アーケードもそうだが、ファミコンの音も明らかにコナミサウンドだとわかる。
 コナミと言えば”グラディウス”は避けて通れないはずだ。あのゲームの登場はとても衝撃だった。曲に関しても名曲ぞろいで、今聴いても色あせない。ゲーセンに通っていた当時、筐体のスピーカーに耳を当てて曲を聴いていたものだ。特に好きだったのが逆火山面の曲。
 だがしかし、一番ラストに収録されていたツインビーのアレンジバージョン。なんというか、最高すぎて語れない。ツインビーのゲーム中の曲自体も良い曲ではあったが、アレンジでこうまで変わるものなのか。こんなアレンジができるものなのか。なんだってこんなすごいアレンジができるのか?おそらくはあまり知られていないでろうこの曲。グラディウスに隠れて注目されないこの曲。僕の知る中でゲームミュージック史に残る最高のアレンジバージョン。
 もう一枚のレコードに収録されていた”ギャラクティックウォリアーズ”のアレンジバージョン。この曲も最高。ギャラクティックウォリアーズの曲は正直あまり印象には残っていないのだが、あんなアレンジができるセンスがすごい。雰囲気の出し方がうまい。ゲームの世界観をうまくアレンジで表現している。なんか昔の人ってすごいと思う。

 セガのゲームミュージック。ハングオンの曲いいなぁ。でもスペースハリアーの曲って最高じゃない?なんかさっきから最高最高って書いてるけど。ここまでくるともはやアレンジの必要がない。メロディラインもいいし、なんていってもあのベースがかっこいい。たぶんスラップなんだろうけど当時はそんな用語知らなかった(当時はチョッパーって言ってたのかな?)。あまりにもかっこいいので学校の給食の時間に放送部に頼んでかけてもらった。評判はなかなか良かった。みんなかっこいいって言ってましたよ。1機しんだあとに”げっとれでぃ?”という音声も最高。”げっとれでぃ”つながりでいえば、グロブダーの”げっとれでぃ↓”も最高。
 でもってその後に出たアウトラン。友達の中では”マジカルサウンドシャワー”派と”スプラッシュウェーブ”派に分かれていた。僕はどっちも好きだったけどスプラッシュウェーブ派だった。”パッシングブリーズ”はちょっと大人な感じだったのでわからなかった。
 そのあとにアフターバーナーがでた。かっこよかった。1面の曲、雲の上の曲、敵機に追撃されそうになる面の曲、ボーナス面の曲、どれも最高。SSTバンドのライブ映像のアレンジも良かった。昔beepっていう雑誌にソノシートがついていて、ステレオでよく聴いたものだった。
 ファンタジーゾーンのボス戦のときに流れる曲は、もしかしてArmageddonのBuzzardという曲に似てないかな。

 あとちょっとマニアックな曲。カプコンのセクションZとSNKのASOネームエントリーの曲。なんかやり遂げた感がはんぱない、哀愁ただよう曲。特にASOのネームエントリーの曲は気にいっているのだが、曲自体がみじかすぎるのだ。ネットで調べた情報によると、フルバージョンが存在しているらしい。本当なのかもわからないが、もっと聴きこんでみたい曲だ。
 ダライアスのボス戦が終わって、ルート選択時に流れる曲。僕はあの1曲のためにレコードを買いました。ダライアスの曲っていうのは、あの筐体の振動すらも曲の一部を構成していると思う。とにかくものすごい振動なのだ。で、画面に”WARNING”の文字。どう考えたって迫力満点でしょ。
 
 他に何聴いたかなぁ。怒号層圏の”もう一度チャンスをくれぇ~!”は覚えてる。ボンジャック(アーケードの方。マイティじゃない方。)の曲はとても良かったけど、今じゃ訴えられちゃうよね。